愛知・岐阜・三重で雨漏り、災害修理はお任せください!

お気軽にお問い合わせください。相談無料。 0120-015-159 【受付】9:00~19:00【定休日】不定休

ブログ


雨を知る

建築の不具合の多くが雨水と何らかの関わりをもっています。

雨漏りは言うに及ばず、浸透した雨水で長時間湿潤した木部の腐食や虫害、

鋼材の錆、吸収した雨水の凍結・融解の繰り返しによる外装材の凍害、濡れと

乾燥の繰り返しによる伸縮変形、剥離、シール切れ、建物表面の不規則な雨水の

流れがもたらす汚れ、材料中の浸透雨水によるエフロレッセンス、苔やカビの

発生など数え上げればきりがありません。

 

 

建物の外装にとって、雨水は最も敬遠したい相手といえそうですが、

一方、自然界全体を見渡せば雨ほど大切なものはありません。

雨仕舞の出発点は、このように謙虚な視点から建築と雨の関係を考えることにあるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

雨水の流れ

水の流れというと、水道の蛇口から出てくる水や、川の流れがすぐ思い浮かびますが、

雨仕舞で相手にする流れはそのような流れとはかなり様子が違っています。

 

 

その特徴は雨と面積的にも時間的にも分散した水の供給源がもたらす流れであるために、

屋根材などの表面積や隙間の大きさに対して流量が極めて少ないことです。

このため、濡れ付着の影響や流れに沿う気流の影響を強く受け、

また、雨の強さによって連続した流れにならず筋状や水滴状に分散した流れの

形態をとることもあります。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 水鳥宋建. All rights Reserved.