愛知・岐阜・三重で雨漏り、災害修理はお任せください!

お気軽にお問い合わせください。相談無料。 0120-015-159 【受付】9:00~19:00【定休日】不定休

ブログ


木造家屋 工法

在来工法(在来軸組工法)

 

在来工法(在来軸組工法)は日本の伝統的軸組工法の流れを受けるもので、

木材で土台・柱・胴差・軒桁・梁などの主要な部分を組み立ててつくる架講式の

構造物です。

日本で最も多く建てられている工法です。

 

 

 

 

枠組壁工法(木造枠組壁工法)

アメリカやカナダなどで一般的に用いられている構造形式であり、

日本ではツーバイフォー工法(2×4)とも呼ばれています。

公称2インチ×4インチの寸法の材料が使用されますが、

実際の寸法は38㎜×89㎜になります。

在来軸組工法が架講式であるのに対し、枠組壁工法は2インチ×4インチ材を

合板に張る施工方法で、床枠組・壁枠組・屋根枠組を一体に建てる組立て

パネル方式です。

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 水鳥宋建. All rights Reserved.