愛知・岐阜・三重で雨漏り、災害修理はお任せください!

お気軽にお問い合わせください。相談無料。 0120-015-159 【受付】9:00~19:00【定休日】不定休

ブログ


台風や大雨による家屋の破損を事前対策で安心生活を!

私たちが暮らしている地球上での自然災害は、命の危険を脅かすもの。

近年では、異常気象などを理由に台風が増加しています。

そんな台風被害から家屋を守るためには、どうすれば良いのでしょうか。

この記事では、台風から家屋を守るための事前対策などについて

取り上げていきまます。

 

 

まずは、暴風雨により物が飛散しないよう家周辺に置いてるものを片付けましょう。

また、屋根の点検なども怠ってはいけません。

窓ガラス等を補強し、浸水防止も欠かせません。

 

台風が上陸または接近した際、恐ろしいぐらいの強風が吹き荒れます。

そのため、家周辺に置いてあるバケツや植木鉢などを中にしまっておきましょう。

それらが倒れたり飛んでいってしまうだけではなく、住居に当たり破損する

リスクもあります。ベランダの物干し竿なども台風の影響を受ける可能性があるため、

部屋の中に入れておくようにしましょう。

 

 

夏から秋にかけての季節は、台風の発生が心配になります。

台風は海水の蒸発によってエネルギーを蓄えているため、温暖化によって

日本海の海水温度が上昇するにつれて、巨大な台風が発生するリスクは高くなります。

 

実際に、近年では日本に上陸する台風は年々勢力を増していて、

台風がもたらす強風と激しい大雨によって大規模な災害につながるケースも

増えています。多いときには、1シーズンのうちに繰り返し台風が通過し、

家屋に深刻な被害を受けてしまうこともあります。

今後も日本に上陸する台風は巨大化し、その数も増えるといわれている中で、

私たちはその被害をどのようにして防ぐことができるのかを考える必要があります。

 

幸いなことに、台風というのはある日突然起こる大地震とは異なり、

事前に台風の発生を把握して、進路をある程度予測することができます。

台風が近づいてくるのを避けることはできませんが、接近や上陸に備えて

あらかじめしっかりと対策することは可能です。

 

 

台風による被害を最小限に抑えるためにも、また台風によりライフラインが

ストップした場合に自立した生活を送るためにも、台風発生時の対策について

普段からしっかりと理解しておくことも大切です。

 

猛烈な雨も伴う台風では、家屋に蓄積した疲労が一気に表面化してしまい、

雨漏りが始まることも多いです。

そもそも、住宅の外壁や屋根材というものは、常に紫外線や風雨にさらされ

続けている部分となりますので、見た目上何の問題がなさそうに見えても、

確実に劣化が進行しているのです。そこに台風の強風や猛烈な雨が降り注ぐことで、

劣化部分が一気に破損し、雨漏りにつながります。

 

 

特に多い事例として、屋根の棟板金に小さな浮きが出ている所に強風が当たり、

煽られることで板金が剥がれてしまったり、スレート屋根が経年劣化で

反りかえっている所に強風が当たり、屋根材が吹き飛ばされてしまう。

また、瓦の浮いている部分から風が吹き込み飛ばされるなんてことが多いです。

台風は、小さな劣化を一気に拡大させてしまうものですので、台風シーズンの前に

しっかりと点検・メンテナンスを行っておけば安心です。

 

 

台風被害として、まずは屋根の破損が挙げられます。

瓦が落ちてきてケガなどの二次災害につながるリスクを避けるために、

落ちそうな瓦はないかチェックしましょう。防災瓦であれば、

しっかりと補強できるので安心です。

いずれにせよ現在、屋根瓦の状態が心配な人は、業者に点検や補強を頼んでください。

 

 

また、台風対策で耐震のリフォームはおすすめです。

柱や壁の強度を上げることで、振動の耐震性を高めるものが耐震リフォームです。

建物の基礎を強化・修繕し、屋根も軽量するため、地震対策になるでしょう。

昨今の自然災害のリスクを考慮すれば、耐震リフォームは、無視できない対策のひとつです。

 

 

そして、災害対策の工事費用に関するものとして、火災保険が挙げられます。

火災保険は、火災以外にも自然災害による家屋破損や雨漏り等に対応している保険であり、

自己負担金を減らせるメリットがあります。

火災保険におけるリフォームは、あくまでも元の状態に戻すものですが、

さまざまな工事が可能でしょう。

 

 

強い風による窓ガラスの破損ならば、修理することができます。

注意点としては、経年よる劣化は、保険の対象外になりますので、ご注意ください。

もちろん保険対象は、契約している保険会社やプラン内容によって異なります。

保険加入する前に、しっかりと内容を確認しましょう。

 

台風により、瓦が落下したり、雨漏りや壁が破損したなどの被害を受けたときは、

すぐにプロに連絡しましょう。

 

 

 

 

お問い合わせ

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 水鳥宋建. All rights Reserved.