愛知・岐阜・三重で雨漏り、災害修理はお任せください!

お気軽にお問い合わせください。相談無料。 0120-015-159 【受付】9:00~19:00【定休日】不定休

ブログ


サイディング 目地シーリングの重要性

 

サイディング壁の外壁塗装リフォームを行う場合、必要となってくるのが

コーキングの補修です。

 

外壁塗装の下処理がコーキングとなるので、必要不可欠な補修部位です。

 

 

 

 

 

外壁をどんなに高機能な外壁材で覆っても、外壁目地のコーキングが劣化していれば、

劣化した目地から雨水等が外壁内部に侵入し土台や柱が腐ったりカビが生えたりして、

家屋自体の耐久性が落ちる原因にもなります。

 

目地は外壁の他の部分と同じようにメンテナンスに十分に気を配る必要があります。

 

 

 

コーキングの劣化が進んでいると、雨がサイディングの内側に入るのはもちろん、

最悪の場合、室内側にはいってきて雨漏りとなることもあります。

 

日が良く当たるサイディングの壁は、10年も経つと紫外線の影響で、

目地にひび割れ等の不具合が出てきます。

 

 

 

 

サイディングボードの継ぎ目、窓周り、サッシ周りなどのつなぎ目が、

肉痩せ状態、つまりはコーキングのゴムが劣化することで体積が少なくなる

状態になったり収縮性がなくなることで様々な劣化症状が起きます。

 

 

 

 

劣化が進み過ぎる前に、まずは一度ご確認してみてください。

 

目地を埋めてすき間をふさぐコーキング材は、

温度や湿度の変化による膨張・収縮や地震や近くを通る自動車などによる

振動などの影響を長期的に受けます。

 

 

 

 

 

 

これらのダメージを吸収して緩和し、外壁を良い状態で保つために、

ゴムのように柔軟で弾力があり、追従性の高い樹脂製のコーキング材を

目地に充填する必要があります。

 

 

 

 

以上、コーキング材は、ただすき間を埋めるだけでなく、

外壁パネルに生じる様々な負荷を吸収する緩衝材という役割も果たしていますが、

長期間にわたり紫外線にさらされると、ひび割れたり剥がれ落ちたりして

保護力を失ってしまうため、コーキング材のメンテナンスは定期的に行うことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

お見積り、現地調査無料。

私たちでお役に立てることがあればお応えさせていただきますので、

現在お住まいの外壁、屋根など気になる事はなんでもご相談ください!

 

まずはメールにてお気軽にご質問を!

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 水鳥宋建. All rights Reserved.